十字架から降ろす

f:id:arrata:20161014120504j:plain

画中のエバがその息子の死を嘆き懇しむ姿は、聖母マリアがキリストの死を悲しむ姿に倣い、またアダムはアべルの死体の傍らで、「十字架から降ろす」の主題の絵の中の福音史家ヨハネと同様に、手を立みながら立っている。

 

ユダヤの伝説によると、アダムとエバは、二人の級初の息子たちの他に、3人の娘たちも持っていたとされるが、この絵ではその中の二人が羊と鳥と戯れ遊んでおり、象徴的なモチーフとして、この出来事の場以に随伴している。

広告を非表示にする

内親王イサべラの死去の知らせが北イタリアに届いた

内親王イサべラ・クララ・エウへニアがまだ存命中の1631年にスべイン王フエリペ4世の弟であり、彼女の甥に当たる親王フェルディナントが彼女の後継となることは内定していた。

f:id:arrata:20160920182417j:plain

1609年に生まれたこの王子は、王位継承者の弟として、伝統に従って型職者の道を歩むように定められており、1619年にはトレドの大司教枢機卿へと昇せられた。彼は1633年にミラノの総督に任命されたが、内親王イサべラの死去の知らせが北イタリアに届いた。

9日間で作った、48%のための英新聞「ニュー・ヨーロピアン」快調

 ニュー・ヨーロピアン紙の編集長マット・ケリー氏がBBCラジオの「メディア・ショー」(11日放送)で語ったところによると、同氏が創刊を思いついたのは国民投票の結果が出た翌日だった。

 「通りを歩いていて、多くの人が結果に落胆している様子を見た。まるで誰かが亡くなったみたいだった」

 「結果に怒りを持ったとき、どの新聞を買って読むだろうか?」ケリー氏は頭を巡らせたが、該当する新聞はなかった。

 1986年、インディぺデント紙が創刊されたとき、有名なキャッチフレーズがあった。それは「インディぺデント紙は独立している。あなたは?」である。「インディペンデント」は「独立」を意味する。インディペンデント紙を買って、小脇に抱え、「自分は独立している、自分の意見を持っている」ことを示すのがカッコいいとされた。

 「あんな新聞が自分たちで作れないかな、と思った」。

 そこで、アーチャント社の上司に新聞の創刊案を話してみた。翌週、会議室で議題にかけられ、創刊が決定された。創刊号が市場に出たのは9日後のことだった。

 ケリー氏はテクノロジーの発展があったからこそ、数日で紙面のデザインを作ることができたという。全国に新聞を届けるための体制がアーチャント社にすでに整っていたことも強みだった。

 「ポップアップ新聞」とは造語で、何か月もかけて準備するのではなく、面白いアイデアがあったら、すぐに市場に顔を出す新聞、という意味だという。人気がなくなったら、すぐに店を閉じることもできる。

 ニュー・ヨーロピアンは48ページ。左派系高級紙ガーディアンのコラムニスト、ジョナサン・フリードランド氏、元官邸の戦略局長だったアリステア・キャンベル氏、バージンメディアグループのトップ、リチャード・ブランソン氏などの著名人によるコラムのほか、欧州ではやっていること、特定の国の紹介など盛りだくさんだ。

16世紀の最も偉大な画家の一人である

f:id:arrata:20160723120733j:plain

皇帝の御愛顧の画家は、16世紀の最も偉大な画家の一人である、ヴェネッィア人ティツイアーノであった。彼は宮廷画家に任命され、騎士の階級に叙せられた。しかしまた、ドイッ及びネーデルラントの芸術家たちもカール5世のために働いていた。

 

彼らの仕事はとりわけ肖像画家としてのものであって、次の何世紀かにわたるヨーロッパの王侯たちの宮廷における公的な肖像画の形式を先駆けて実現した、全身像の宮廷肖像画を発展させたことが、その最も重要な業績となっている(奥必)。

レオン・ルヴナ

f:id:arrata:20160625153830j:plain

シャルル・クリストフルの元で修業し,短期間彼と共同製作した・1894年からは自分の店を持ち.後に兄弟のオーギュストと義理の息子のシャルル・ルールデルと共同で事業を行なった.「メゾン・ルヴナ」は1855-78年の万国博覧会においても開かれ,その作品の多くは.フランス国外の顧客のために制作された.

 

パルブディエンヌが緑青の効果に関心を待っていたことは,この個占の表而の多様な肌や幾段階にも変化のつけられた金の研磨の仕方にはっきりと現れている.1867年にルヴナが展示した宝石細-Eのうちの38点はエジプトの大守が買い取ったのだが,この事情はブローチの裏に形られた銘を説明しうるものと思われる.

広告を非表示にする

マグカップの底に隠された宝飾品、アウシュビッツで発見

    ナチス・ドイツ(Nazis)による略奪を恐れ、マグカップに取り付けた二重底の中に隠されていた金の指輪とネックレスが発見された。アウシュビッツ(Auschwitz)強制収容所跡地にあるアウシュビッツ・ビルケナウ博物館(Auschwitz-Birkenau Museum)が19日、発表した。

 第2次世界大戦(World War II)中、占領下にあったポーランドの同強制収容所が解放されたのは、約70年前。博物館のスタッフがさび付いたエナメル製のマグカップに隠された宝飾品を発見した。このマグカップは、現在博物館に展示されている台所用品数千点のうちの一つだという。

 同博物館の広報担当者はAFPに対し、「こうした発見はたびたびあるが、今回のような宝飾品の隠し方は珍しい」と語った。持ち主を特定することは不可能だという。

 博物館のスタッフはこれまでにも、「小さなボタンやフォーク、食器類、ガラスの破片、瓶」など、さまざまな物を発見してきた。

 ポーランド南部のオシフィエンチム(Oswiecim)にあるアウシュビッツ強制収容所では、1940~1945年の間に欧州のユダヤ人約100万人が死亡した。

乳母カィエタの墓を建てて,魔女キルケの国を逃れるアイネイアース

手描きエナメルすなわちエマーユ画は,15世紀のフランス,ネーデルラント,イタリアにおいては新しい画法だった.したがってこれらのエマーユ画に年記はないが,このシリーズすべての裏面に用いられている典型的なタィプが現れるのは1525年頃であるので.これらのシリーズの制作年は上述の1502年もしくは1517年のいずかよりもかなり遅もにとがわかる.このエマーユ絵師はこの新しい技法を自山に以使できたにもかかわらず.手本として採川した版画にかなり忠実であったので,明確さを欠いた遠近法や幾分ぎごちない人物のデッサンに見られるようにこれらのエマーユ西の様式はやや般古的である.

f:id:arrata:20160421123429j:plain