読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラジルの小頭症患者、508人に 1週間足らずで10%増

 ブラジルの保健省は17日、これまでに小頭症と診断された患者の数が508人に上っていることを明らかにした。13日の時点では462人と発表されていたため、数日間で約10%の急増となった。先天性異常の小頭症については、ジカウイルスとの関連が疑われている。

 保険省の発表によると、小頭症が疑われるケースは3935件に上るとされる。そのうちの約40%は、過去6週間に見つかっているため、通常はまれな先天異常が急速に広まっていることが見て取れる。小頭症は、先天的に頭が小さく、脳の発達異常も多くみられる。

 ブラジルでは通常、小頭症と診断されるケースは年間150件程度。同国27州のうち、感染が報告されていないのは2州のみだという。

 同国の専門家らによる推計では、ジカウイルスの感染者数は約150万人に上るとされる。