読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レオン・ルヴナ

f:id:arrata:20160625153830j:plain

シャルル・クリストフルの元で修業し,短期間彼と共同製作した・1894年からは自分の店を持ち.後に兄弟のオーギュストと義理の息子のシャルル・ルールデルと共同で事業を行なった.「メゾン・ルヴナ」は1855-78年の万国博覧会においても開かれ,その作品の多くは.フランス国外の顧客のために制作された.

 

パルブディエンヌが緑青の効果に関心を待っていたことは,この個占の表而の多様な肌や幾段階にも変化のつけられた金の研磨の仕方にはっきりと現れている.1867年にルヴナが展示した宝石細-Eのうちの38点はエジプトの大守が買い取ったのだが,この事情はブローチの裏に形られた銘を説明しうるものと思われる.