十字架から降ろす

f:id:arrata:20161014120504j:plain

画中のエバがその息子の死を嘆き懇しむ姿は、聖母マリアがキリストの死を悲しむ姿に倣い、またアダムはアべルの死体の傍らで、「十字架から降ろす」の主題の絵の中の福音史家ヨハネと同様に、手を立みながら立っている。

 

ユダヤの伝説によると、アダムとエバは、二人の級初の息子たちの他に、3人の娘たちも持っていたとされるが、この絵ではその中の二人が羊と鳥と戯れ遊んでおり、象徴的なモチーフとして、この出来事の場以に随伴している。

広告を非表示にする