読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロード・モネ初期の代表作『揺りかごの中のジャン・モネ』

  19世紀後半から20世紀初頭にかけて活躍したフランスの画家であり、印象派最大の巨匠のひとりでもあるクロード・モネ初期の代表作『揺りかごの中のジャン・モネ』。本作はモネと、当時恋人(未婚)関係にあったカミーユ・ドンシューとの間に生まれた息子ジャンを描いた作品である。

 

  当時、サロンでの落選もあり経済的困窮が続いていたモネは、身篭っていたカミーユをパリに残し、自身は家族と共にサン=タドレスで暮らしていたが、息子ジャンの誕生をきっかけに一時的ではあるがパリへと戻っていたことが知られている。

f:id:arrata:20170311124726j:plain