読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『水浴(Le bain)』の名で1863年のサロンに出典された作品である

f:id:arrata:20170408155304j:plain

  印象派の先駆的画家エドゥアール・マネの名を一躍有名にした問題作『草上の昼食』。

 

  本作はルネサンス三大巨匠のひとりラファエロが残したデッサンに基づいて後世の画家マルカントーニオ・ライモンディが制作した銅版画『パリスの審判(拡大図)』や、ルーヴル美術館が所蔵する巨匠ティツィアーノ(原筆はジョルジョーネ)の代表作『田園の奏楽』に(構図的)着想や典拠を得て、神話的主題を、そして古典的名画をマネが当時、民衆の間で流行していたセーヌ河畔で過ごす休暇風景に準って現代化し、『水浴(Le bain)』の名で1863年のサロンに出典された作品である。