「黒塗り」のサンタのお供、人種差別か伝統か

 オランダでは、12月5日は聖ニコラウスを祝う日だ。聖ニコラウスはシンタクラースと呼ばれ、サンタクロースの元になった人物とも言われている。毎年、相棒のムーア人(アフリカ北西部の人々を指す)、「ブラック・ピート(オランダ語ではZwarte Piet)」を連れてやって来るとされており、オランダ人たちは、ピートに扮し顔を黒塗りにしてお祭り気分を盛り上げる。ところがこれが、人種差別ではないかと近年問題視されている。


 ワシントン・ポスト紙(WP)によれば、オランダで聖ニコラウスの来訪を祝うのは11月下旬から12月初めで、大きなパレードが全国で開催されるとのことだ。アイリッシュ・タイムズ紙に記事を寄せた在アムステルダムアイルランド人留学生、イーファ・ドランさんは、家族で集まりプレゼントを交換し、子供たちには聖ニコラウスからプレゼントがあることなどは通常のクリスマスと同じだが、1つだけ違う点があると述べ、それがブラック・ピートだと述べている。

 

 ピートは聖ニコラウスのそばで踊り、子供達にお菓子を投げるいたずら好きの褐色の肌を持つムーア人だ(ユーロニュース)。ドランさんによれば、ブラック・ピートは、10世紀の中ごろに、童話の中の聖ニコラウスのお手伝い役として、初めて登場した。典型的な扮装は、顔を黒塗りにし、唇を赤く厚くし、クレオール・イヤリングと呼ばれる大きな円形イヤリングを付け、アフロヘアのカツラを付けるものだという。

中景として描かれたアルク川地域の穏やかな風景

 遠景に広がるサント=ヴィクトワール山の堂々とした姿。本作はセザンヌの故郷であるエクス=アン=プロヴァンス(以下エクス)の東に位置する≪サント=ヴィクトワール山≫を、画家の生家ジャ・ド・ブーファン近郊からの視点で描いた風景画作品で、本作には1880年代以降のセザンヌの作品としては非常に珍しく署名の記されている。

f:id:arrata:20180106161830j:plain

 画面左側へ唐突的に配される松の大木。中景にエクスを流れるアルク川地域の穏やかな風景が、遠景には青く染まったサント=ヴィクトワール山の風景が描かれており、そして近景として画面左側に古典的でありながら唐突な配置には日本の浮世絵の影響を感じさせる大きな松の木が配されている。

 
 中景として描かれたアルク川地域の穏やかな風景。下地に塗られた明灰黄色を活かした、やや淡白で平坦的な調和的色彩表現にはセザンヌの画家としての革新性を見出せると同時に、故郷の情景に対する(セザンヌが抱いていた)深い敬愛の念をも感じることができる。

画面右側のチケット売り場近辺に配される団長

f:id:arrata:20171206165548j:plain

  トロンボーンを奏でる音楽奏者。本作は制作された1888年頃にパリで実際に興行していた≪コルヴィ・サーカス≫がパレードをおこない客寄せする様子を描いた作品で、画家が夜間の人工的なガス灯の光とそこで繰り広げられる享楽的な情景と雰囲気を描いた最初の大作でもある。


  画面右側のチケット売り場近辺に配される団長。画面中央には段に上がりトロンボーンを奏でる主役となる音楽奏者が配され、画面左側にはガス灯の奥に立つのであろう他の演奏者が、画面右側には立派な髭を蓄えるコルヴィ・サーカスの団長と、そこに付き添う少年が配されている。

 
  背面しか見えない観客の姿。非常に平面的な構成によって描かれる本作では、ガス灯の光とそこに落ちる影でしか空間を把握する術は無いが、本作の独特の抽象性すら感じさせる独創的な場面描写や表現に、観る者は豊かな叙情性、詩情性をも見出すことができる。

復縁決定!? セレーナ・ゴメスとジャスティン・ビーバー、一緒に教会へ

  先週世界を賑わせたジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスの復縁のニュース。先週末も一緒に過ごしていたことが明らかに。ヨリを戻したのは確実そう!

 

  先週、一緒にサイクリングしている現場やジャスティンのホッケーのゲームをセレーナが応援に行っているところを目撃されていたセレーナ・ゴメスとジャスティン・ビーバー。11月3日(金)にはロサンゼルスのステーキハウスへディナーに出かけるところもキャッチ! 雑誌「USウィークリー」によるとこのディナーの前には通っている教会ヒルサイドチャーチの集会に揃って出席していたという。

 

  関係者は「セレーナはいつもジャスティンのことを思っていた」「2人とも過去を乗り越えて成長する時期だと気がついた」。さらに「この2年間で2人とも大きく成長したし、現状に対して成熟した見方をしている」とも。

 

  さらにその翌日、11月4日(土)も一緒に教会に行っていたことが明らかに! 教会から出てくるところをパパラッチにキャッチされている。なんと2人とも午前と夜、2回も集会に出席していたという。

 

  2014年に別れ、復縁は絶望的と見られていたジェレーナのまさかの復活。かつてはレッドカーペットでこんなキスシーンも披露していた2人。今度はいつ公の場に一緒に登場してくれるのか、乞うご期待!

沐浴(湯浴み)

  印象主義時代の女流画家のひとりメアリー・カサットの代表的作例のひとつ『沐浴(湯浴み)』。

f:id:arrata:20171107120320j:plain

  1893年にパリで開催された画家の個展で展示された作品のひとつである本作に描かれるのは、カサットの典型的な画題である≪母と子≫を用いた沐浴の情景である。母親に抱かれながら足を洗われる子供の白い肌や子供の腰に巻かれる白布、陶製の水差し、水桶など、はやや暗めの色調が支配する画面の中で一際存在感を示しているほか、密着する母子の距離感(両者の寄り添う姿)に双方の緊密な関係性を見出すことができる。

 

  また高く取られた視点の採用とそれによる垂直の強調、明確な輪郭線、母親の身に着ける太い縞模様の衣服の装飾性、平面的な色彩展開などは明らかに日本趣味(ジャポニズム)、特に日本の版画からの影響をうかがわせる。

広告を非表示にする

立葵

f:id:arrata:20171021113640j:plain

  印象派を代表する画家ベルト・モリゾ作『立葵』。

 

  1886年に開催された最後の印象派展となる第八回印象派展への出品作のひとつである本作に描かれるのは、ブージヴァルのプランセス通り4番地に借りた別荘の庭に咲く、アオイ科タチアオイ属の花≪立葵≫である。

 

  本作以外にもモリゾはブージヴァルの庭の風景を描いた作品を数多く手がけているが、本作で示される立葵の垂直性、直線性は特に注目すべき点のひとつである。画面中央の一番高く伸びる≪立葵≫を中心に、三角形に配される立葵の花は、左側では(やや桃色が差し込むが)ほぼ乳白色に、右側では中心が赤味がかって咲いている。この背の高い立葵の天に向かって伸びる垂直性は画面を引き締める効果を生み出しており、本作を観る者の視線を自然と立葵へと向けさせる。

広告を非表示にする

フェンディ名誉会長カルラ・フェンディ氏死去

  イタリアを代表するファンションブランド「フェンディ(FENDI)」の名誉会長を務めるカルラ・フェンディ(Carla Fendi)氏が19日、亡くなった。80歳だった。

 

 伊・ローマで両親が創業した毛皮商店を世界的ブランドに押し上げた5人姉妹の四女だったカルラ氏。主に広報部門を担当していた。イタリア文化遺産保護のための基金を創設し、ローマの観光名所「トレビの泉」の修復費用を負担するなど、イタリアの文化と芸術保護のため精力的に活動した。

 

  英ロンドン(London)で17日、エリザベス女王Queen Elizabeth II、91)の「公式誕生日」を祝って軍事パレード「軍旗分列行進式(Trooping the Colour)」や英国空軍(RAF)による儀礼飛行などの祝賀行事が行われ、女王ら英王室メンバーもバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)のバルコニーから行事を観覧した。

 

 エリザベス女王の実際の誕生日は4月21日だが、君主の誕生日を6月に祝うことが英国の伝統となっている。「公式誕生日」に軍旗分列行進式を行うと決められたのは1748年にさかのぼるとされる。