読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1845年エマーユ工房の設立を見るに至った

f:id:arrata:20160321175222j:plain

 セーヴルは。皇后ウジェーヌの趣昧をうけて,18世紀のモデルと地色の再生産を始めたくかくして、鋳造者にとっては魅力的な,不可避的に早道のd鵡となった).セーヴルでは,銅の上にエマーユを塗る16世紀のリモージュ磁器の忠実なイミテーションカ獄みられ.この目的のために1845年エマーユ工房の設立を見るに至った.

 

  とはいえ,一切の技術的創意カちかかる模倣ないしは誤った使用に供せられたのではなかった.フレデリック=ジュール・ルドルフは,象ftil"の将す“いぶし銀,装飾法を統合しIf xit- f2L,}1?ネサンスの影響から独創的な総合を生み出した.セーヴルでは,1860年代に,着色された断片の層による「堆描」の装飾訟カもマルク=ルイ・ソロン(1835-1915)の半透明に着衣をなびかせる古典的人物の作品で徹底的に探求された.彼らや,ジョセフ=テオドール・デック(1823-1891),エミール=オーギュスト・ライべル(1826-1893)といった.